台湾記1

熟年の旅 中国編 日本編 欧米編 アジア編

 
 
東京から三時間、
食事を挟んで、ビールとワインと日本酒をチビチビやっていたら、あっという間だ。
飛行場で待機のマイクロバスに乗り込み、又三時間で台中。
一行13名に、日本の旅行者の搭乗員と現地のガイド、計15名、
搭乗員は25歳前後のお嬢さん、英語、フランス語が堪能とか、
現地ガイドのおばちゃんは65歳位、茶色のサングラスをして骨格隆々、
健康そうだ。 勿論、日本人としての教育を受け、
台湾師範を卒業し、小学校の先生、定年後、ガイドに。
日本語は私より流暢だ。
だけど、時々、例えば副詞、
[とってもきれい]が[ひどくきれい]になったりする。
50年の歳月が彼女の日本語を怪しくしているのだろう。

台北からの高速道路は高雄まで350キロ、台中まで130キロ、
高雄までの高速道路料金は日本円で約2000円、安い。
途中までは五車線だ。
右から左まで五車線をフルに使って、見事に他の車を追い越してゆく。
一面の田んぼ、2毛作なのでやっと穂が出掛かっているところだ。
高雄の方は3毛作だそうだが、政府はなるべく多毛作はしないよう指導している、
米が獲れ過ぎてしまうのだそうだ。
時々、対向車線との間に杭みたいのが見えて来る、
緊急時にこの杭を抜いて、飛行場にするのだそうだ。

これらは、皆、ガイドさんの説明からの引用だがこのガイドさんの物知りには吃驚してしまう。
宋美齢の話になった。
私は、若かりしとき、宋美齢フアンだった。
何か一枚の写真を見て魅せられたのだが、
もしかしたら宋慶齢の写真だったかもしれない。
あの奥床しさの中の毅然さがなんともいえなかった。
彼女の考え方とか思想とかには全く関心ない。
T.Hさん、Tさんから、
前もって、宋美齢と円山大飯店との関連情報を戴いているので益々興味が湧く。
ガイド氏曰く、
宋美齢は、宋家の富と、蒋介石の武力との政略結婚の犠牲だった。
宋美齢にはアメリカ留学時の恋人がいたのだが、
泣く泣く引き離されて蒋介石と結婚した。
恋人との間に娘が一人いたが、姉の三人目の娘として、姉に託した。
それが、昨年まで円山大飯店を仕切っていた○○だ。
宋美齢は、姪の中でも、その○○を一番可愛がった、そうな。

台中、
碁盤の目のように区画整理された市街の彼方此方が、
ひっくり返されており、開拓途上のアメリカ西部の雰囲気。

台中美術館、
台湾というより中国本土のスケールだ。
一部屋の広さ、天井の高さは、
上野の美術館の2倍、体積では4倍はあるのではないだろうか、
今回の旅の第一の目的であるR先生の個展がここで開かれている。
R先生、台湾では五本の指に入る書家で、
今回の書展は政府の主催で、2ヶ月間も展示されるのだそうだ。





(R先生のご出身晋は基隆、エキゾチックな国際港とのことだ)
それにしても、これほど沢山の大作を、準備するのは大変だったろう、
先生、
「私は作品を売らないから、みんな、手元に残っているのです」
と笑っておられた。
日本の書家先生たちへの痛烈な皮肉にも聞こえる。
後日、先生宅をお訪ねしたがこれが書の本場の大先生のお宅とは思えないほど、
質素なマンションにお住まいだ。
日本の大先生たちにお見せしてさしあげたいものだ。
先生のどの書をみても、衒い無く、気骨隆々たるものがある。
先生曰く、日本では一流の書展に入選しないと書人としての生計は
成り立たない。 また曰く、日本では流行に乗らないと....
それが是とも非ともはおっしゃらない。
芭蕉の不易流行なんて言葉と考えあわせる安易に結論の出せない話なのかも判らない。
いずれにしても、日展とか、毎日展とか、との違和感はここいらへんに有るようだ。

続く



 

国内の格安航空券ならおまかせ!【旅チケ】予約



inserted by FC2 system