奈良の古寺と仏像於三井記念美術と
日本橋界隈
国宝が二点、重文は数え切れない。どちらかと言えば、小振りなキメの細かい仏像が陳列されている。
会津八一は奈良へ何回足を運んだか数え切れないと言う。
優しいが冷徹な眼で奈良を寺院を仏像を深く深く見つめて生み出された詩の一つ一つに彼の奈良への思いが籠もる。
撮影禁止で写真が写せない。
早々に美術館を出て日本橋に向かって歩き出す。 





inserted by FC2 system