京都の旅20100223-20100225

このところ、年に一度は来ている京都、まだまだ見切れない。
今回は最後かもしれない京都だ。
三日間で4万歩余り歩いてヘトヘト。
貪欲に歩き回ったのがつい昨日のことなのに・・・・

寺院名をクリックしてください。
第一日目 三十三間堂/智積院 三十三間堂・智積院を駆け足で・・・
御所 甘く見ていたが御所は広い、ほぼ端から端まで歩いた。
中国の国王には比べられない(規模)が、やはり国王の住家だ。
第二日目 鴨川 宿からの早朝の鴨川風景を堪能
三千院 今回は丸一日掛けて三千院周辺を虱潰しに廻る。
呂川と律川に挟まれた珠玉のような寺院に現を抜かす。
こじんまりとしているが見応えの有る小院の集まりだ。
声明の発祥地、呂が長音、律が短音と知った。
呂律を川の名にするとは心憎い。
最近魅力の乏しくなった寂光院はパス。
勝林院
宝泉院
実行院
来迎院
第三日目 広隆寺 久し振りに弥勒菩薩にご対面、
あの微笑から「もっと、穏やかに生きなさい」
と言われたような気がする。 
妙心寺・退蔵院 広大な妙心寺の一角に構えた退蔵院、見事な庭構えだ。
国宝の瓢鮎図、瓢鮎問答は結局理解できない。
此処は宮本武蔵修行の場でも有る。
東福寺・退耕院 此処も大きな東福寺の一角、長州藩に縁の深いお寺。
観るべきものは少ないのに何故か撮影禁止。
泉湧寺 此処も広い広いお寺だ。 
門を潜ってから歩いて歩いてやっと辿り着く。
皇室ゆかりのお寺だけあって極めて格調が高い。
皇室の生活の一端に触れた思いがする。



 

inserted by FC2 system