成都記8
四姑娘山3

今日は長坪溝と言う四姑娘山の山懐の一つに入り込む。
日隆から喇嘛寺まで車で行って後は夕方まで自由行動。
四姑娘山が次第に近づく。
1987年に同志社大学山岳部によって初登頂された。

喇嘛寺、跡形も無い廃寺だ。
この地方の聖山である四姑娘山を祭ったラマ教の寺だが文革時に破壊されたと言う。
此処からは馬に乗るか徒歩しかない。
馬に乗る人が圧倒的に多い。
馬は距離によって片道50元、100元、150元とある。
安い値段ではない。
もっとも、150元のところまで3時間掛かる。
今回は、四姑娘山を見ながらの散策が目的だ。
迷わず歩き出す。
行ける所まで行こう。





登山道は桟道が見事に整備されている。
と思った瞬間、尻餅をついた。
霜だ。
桟道が霜でキラキラ輝いている。
危うげな足取りで歩き出す。





四姑娘山が次第に大きく迫ってくる。





 





 


 

二時間ほど歩くと桟道が無くなる。
原始林に入る。
名前を忘れたがこの地方独特の樹だ。
5000m、6000m級の山々を背景に清流、赤や黄色の実をつけた樹木、吊橋も有る。
所々にヤクが顔を出す。



 



 

上高地を遡っている感じだが売店などは一切無い。
何人か大きなリックを背負った登山が目的らしい若者に行き逢うが、
登山口のような案内板も一切無い。

4時間ほど歩いて下甘海子と言うところに辿り着く。
同じツアーの青年が元気に下りて来た。
彼に尋ねると、
四姑娘山が眼前に広がるところまではあと一時間掛かるらしい。
もう足が言う事を利かなくなりかけている。
膝に持病も有る。
諦めて引き返す。

 

何度も何度も四姑娘山を振り返り見る。
二度と見ることは無いだろう。

 

結局、往復で約7時間歩いた。
この何年かの最高記録だ。
人間、やる気になれば出来るものだとつくづく思う。
といっても、険しさの無い丘歩きのようなものなのだが。
生暖かい酥油茶が馬鹿に美味しい。

観光資源としてはスイスのマッターホルンに近いだろうか。
何年か後にはロープウェイなど出来ているのではないだろうか。
観光開発と自然保護をどうバランスさせるか難しいところだ。

人に引かれて戻ってゆく馬に混じって、一匹二匹独りで戻る馬も居る。
馬が自分自身でトボトボ戻る姿を見て妙に感心する。



思い残す事は無い。
食事ごとに7,8人がテーブルを囲む。
人見知りする上に、私の中国語のレベルでは仲々会話の輪に入れない。
大きなカメラを抱え登山靴を履き如何にも四姑娘山が目的と言う人に混じって、
ネクタイに革靴姿の人も居る。
恐らく成都への出張か何かで来て、一寸、ツアーに参加したのだろう。

突然、中年の中国人の男が私に尋ねる、
「あんた、何処まで行ったの?」
「下甘海子」
「馬で行ったのか?」
「いや、歩いて」
と、彼は親指を突き出した。
「あんたは凄い、立派だ」
と言ってるようだ。

部屋に戻って飲み直す、
青裸酒で祝杯だ。

成都記1成都記2成都記3成都記4成都記5成都記6成都記7成都記8成都記9





熟年の一人旅(中国編TOP)


inserted by FC2 system