成都記6
四姑娘山1

6時半出発。
幾つかホテルを廻って20人乗り位のバスがほぼ満員。

綺麗に整備された高速道を軽快に飛ばす。
都江堤の付近を通る。
パンフレットには、都江堤を遠望、とあったが、
残念、道路工事中で別の道を通ってるとのことだ。
広い谷間に巨大な橋桁が建設中、高速道路らしい。



4,5時間走って、昼食休憩。



険しい山道を走ったかと思うと、上高地のような谷間を行く。
雪山がチラホラ覗き出した。

いつの間にか眠ったようだ。
「ウオーッ!」
と言う喚声で眼が覚める。
凄い!
眼前に龍が臥して入るような雪山が連なる。
「これが四姑娘山?」
とガイドに尋ねる。
「いえ、これは龍臥山」
















大河の様に氷河が流れる、豪快だ。

 

更に車は進む、大きくジグザグを描いて、斜めに、又、斜めに、
日光の七曲どころではない。

大きな峠、巴朗峠4523m、を越えると、
仙人が住むような幽厳な山並みが現れた。
これが四姑娘山だ。




成都記1成都記2成都記3成都記4成都記5成都記6成都記7成都記8成都記9





熟年の一人旅(中国編TOP)


inserted by FC2 system