成都記3
青羊宮、

唐代に創建され明代に焼失、現存する建物は清代と言う道教の由緒有るお寺。
その名の由来は道教の始祖、老子が青い羊を連れてここを通ったという故事による





清朝雍正時代に北京から運ばれた二つの銅羊があり、
万病を治すとして多くの参拝者が群がる。



八卦亭の八角形の屋根とドーム状の天井は
「天は円く、地は四角」という世界観を表現している。





 この面魂に修験者の厳しさを感じる。
彼はカメラに気付いたが無言で通り過ぎた。



さりげないところに歴史、文化を見出す。
彼方此方に龍の彫り物が散在する。




福、寿、禄の文字の有る壁の前、
観光客が目を瞑って三度体を回し壁に向かう。
その人が触れた文字が福で有れば将来の幸せが約束される。
寿であれば長寿、禄であればお金持ち、だそうだ。
やはり、福を狙う人が多い。




文殊院

南北朝時代創建の仏教寺院。

 

 

 

無心に祈る若者の姿が不自然ではない。
元々、尼寺だっと言うが尼さん左右する。
四天王、弥勒仏、金剛、阿弥陀仏、観音、文殊、普賢、韋駄天、釈迦、阿南、迦葉等々
貴重な仏像がそれぞれの建物に納まっている。
特に宋代に鋳造された「守護神」という鉄像十体は美術的にも貴重な物だそうだ。
その他、仏教の文物芸術品、ビルマの玉仏、菩提樹の葉に書かれた経典、宋代の刺繍入りの金剛経、
明、清代の絵画、そのほか、鄭板橋や張大千などの著名な書画家の書画もある。
ここには三蔵法師の頭蓋骨が収蔵されているらしい。

成都記1成都記2成都記3成都記4成都記5成都記6成都記7成都記8成都記9





熟年の一人旅(中国編TOP)


inserted by FC2 system