大同

雲崗石窟
敦煌石窟、龍門石窟、そして此処、雲崗石窟、
生涯にこの三つだけは必ず見ようと心に決めていたが、
意外に早く実現した。

雲崗石窟は、
北魏が大同(旧名・平城)を都とした460年(北魏和平元年)に造営が始まり、
洛陽遷都後も造営は続き、
524年(正光5年)に概ね完成した。
その後、隋唐遼金時代まで継続されている。
石窟、仏龕が252ヶ所、仏像は51000余りと言う。

北魏は異民族王朝であり、
シルクロードを通じて伝わった西域諸国の文化が秦漢の伝統的な中原文化と融合し
極めて芸術価値の高い文化を作り出していると言われている。
それが雲崗石窟に結集しているのだ。







 

 

仏像も、インド風あり、ギリシャ風あり、中国風ありで、
興味が尽きない。

 



 

 

 

 

上の右の像などはアンコールワットのデバターを思わせる。



 


inserted by FC2 system

懸空寺

まさに天下の奇観、6世紀に造られたと言う。
日本にも崖の観音と呼ばれるものが有るがこれほどのものは見た事が無い。



 



ちなみに日本房州船形の崖の観音。




懸空寺の帰り道、土族・の民家へ立ち寄る。



見掛けよりも中は広い。
夏涼しくて冬暖かいとか、快適そうだ。

 



善化寺

静かな佇まいだ。






大同の街角で





九龍壁
中国で良く見られるが此処のが屈指とされている。
明時代の作、火事で屋敷は焼けたが壁は消失を免れた。







 

洛陽  西安  フフホト  北京
熟年の一人旅(中国編)TOP

inserted by FC2 system